カテゴリー:糖質制限の記事一覧

カテゴリー:糖質制限
低糖質ダイエットの知っておきたいこと、疑問点、不安材料、まとめ
低糖質ダイエットの知っておきたいこと、疑問点、不安材料、まとめ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

 

今はやりの低糖質ダイエット、糖質制限食がメジャーになって久しくなります。

 

出ては消え、消えたと思えば新たに次から次から出てくる○○ダイエットの世界・・・

メディアの焚き付け影響もありますが・・・

 

そんな中でも、低糖質を利用したダイエットは消える気配もなく、多くの方のダイエットに貢献している方法だと思います。

 

然しながらこう言ったことには異論反論が必ず付きまとうのも事実です。

 

お医者さんの中にも糖質制限食を肯定するドクターばかりではなく、否定する若しくは賛同することすらしないドクターもいるのが現状だと思われます。

 

今までいろんなダイエットに挑戦しては挫折を繰り返してきたあなた・・・

 

今度こそ低糖質ダイエットでスリムになり成功を味わいたいと思うあなた・・・

 

それでもやはり、低糖質ダイエットについて、しかっりとした知識、知っておきたいですよね。そこで今回は、それに関する疑問点や不安材料等のご意見をまとめてみました。

 

どうぞ参考になさってください・・・

 

 

低糖質ダイエット中でも運動前は糖質を摂るべきか否か?

 

 

 

 

低糖質ダイエットをされている方の中には、朝ランニングをされている方も多いと思います。
今まではお腹に何も入れないうちに走っていたけど、走る前には何か軽いものでもお腹に入れておいた方が良いのではないかと思う人もいるでしょう。

 

軽いものと言えばバナナなど果物なんかがうってつけのようですが、これらには糖質がかなり含まれています。

 

低糖質ダイエット中でもランニング前には糖質を摂っておいた方が良いのでしょうか?どうでしょうか?

 

ランニングで消費されるカロリーと、摂取すべきカロリーのバランスを考慮に入れて考えた時、バナナは吸収力がいいことで知られていますからおススメできるかと思いますよ。

 

何も入れずにする運動で怖いのは、低血糖です。

 

勉強するにしても、仕事をするにしても低血糖は最大の敵です。

 

糖尿病患者さんが運動されるとき低血糖を防ぐため氷砂糖を持ち歩くのは有名な話です。

 

それからすると、低糖質ダイエット中でもきつめの有酸素運動をされるときは、バナナなど吸収力の良い食物繊維が豊富な糖質をお腹に入れておくことはよいことかもしれませんね・・・

 

 

低糖質ダイエットに向いている人、向いていない人?

 

ご主人と2人の子供さんをお持ちの奥様が、ご主人の単身赴任をきっかけに育児、仕事の忙しさから食事を減らし甘いものばかり食べてきた結果、半年で5kg体重が増えたと悩まれています。

 

そこで、この奥様、低糖質ダイエットに取り組んでみようかと思うけど自分はそれに向いているのかどうかお尋ねされていました。

 

よくよく状況を聞いてみると、仕事のイライラ、育児でのイライラをお菓子を食べることでごまかしたり、お米やパンを食べたいけど、お菓子やアイス、ケーキなどが食べたいため我慢しているとのことでした。

 

ズバリこの奥さんが太った原因は、糖質の摂りすぎであることは論を待たないと思われます。

 

この奥さんが低糖質に向いているのかどうか、それはこの奥さん次第でしょうね。

糖質制限をしていけれるかどうかにかかっていると思います。

 

自分が低糖質ダイエットに向いているかどうかではなく、

糖質制限していく自信があるかどうかでしょう。

 

 

低糖質ダイエットの基本、糖質制限の実行とは?

 

 

 

 

糖質制限の実行は簡単です。

 

主食であるご飯、パン、麺類、お菓子(和・洋菓子)、フルーツ、芋類、トウモロコシ、かまぼこなどの練り物、餃子やシュウマイ、根菜類(レンコンやゴボウ)、シリアル、ピザ、砂糖、ジュース等々、今まで大好きで食べていたものを避ければいんです。

 

その代わり、に肉、魚、卵、チーズ、大豆製品、ナッツ(種類による)、アボカド、葉物野菜、キノコ、海藻などはいくら食べても食べてOKです。主食でお腹を満たすんでなく、副菜、おかずでお腹を一杯にすればいいんです。

 

特にMEC食が推奨されています。MECは(Meat=肉、Egg=卵、Cheese=チーズ)のことです。これらは積極的に食べてOKです!今までの倍くらい食べるつもりで丁度バランス良くなります。

 

糖質制限でNGなものには調味料も含まれます。ご注意を!

 

詳しくはこちらのページを参考にどうぞ。

 

糖質制限中に食べたらNGな糖質の多い食品と糖質量!

 

糖質制限中に食べたらNGな果物類&調味料&冷凍食品

 

糖質の少ない食品!知っておきたい糖質量!アルアル

 

 

お菓子やアイス、ケーキはNGですが、揚げ物でもフライドチキンや唐揚げはOKです。とんかつは衣が厚すぎるので食べ過ぎ注意。天ぷらはNG。

 

 

このページのまとめ

 

ところで、向いているかどうか確かめる方法としての提案です!

 

さっきも書いたように、まずは、おかずだけ食べて主食とデザートを食べないようにしてみる。おかずだけだと量が足りないならサバ缶やツナ缶、ゆで卵などを追加で食べてみる。

 

朝は卵とチーズをメインに食べてお腹を膨らませ、昼はコンビニでから揚げや糖質量の少ないブランパンを買って食べ(ブランパンはローソンで売っています)、夜は肉、魚をメインのおかずを、ひもじい思いをしないで済むように食べる。

 

それが最初の2~3日の食事の内容として、それで一週間ほど続けてみて合っているかどうか自分で判断してみればいいと思います。一週間も試してみれば、続けられそうか分かるとおもいます。

 

その結果、結構食べていて、ひもじい思いをしていないけど体重が増えないとか、減り気味と感じられれば、成功する可能性はあります。

 

ご自身の実感に勝るものはないと思います。

 

 

Free-Photos / Pixabay

 

外食でも賢く糖質制限できる!そんなお店とメニュー紹介
外食でも賢く糖質制限できる!そんなお店とメニュー紹介
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

 

糖質制限を行なうともなると、ちょっぴり苦労することがランチ、お昼ごはんであるという意見を目の当たりにします。

 

何にもまして会社勤めの方は、お休みの日なんかにおウチでランチを摂るときについては問題ありませんが、休みの日以外の仕事の日はどうしても出先でご飯を食べることが発生します。

 

お家では思い通りに糖質制限献立を調理できるというのに比べて、

 

外出先というのは糖質制限ランチを探し出すっていうのは困難を極めると思われます。

 

そこで、外食では本当に糖質制限は難しいのか・・・検証してみました!

 

 

 

世の中は健康志向で低糖質から糖質制限ブームへ

 

ところが最近は低糖質が叫ばれるようになり、

 

健康志向ブームも重なっていろんなお店でも低糖質料理やメニューならびに、低糖質食品などを取り揃えるようになったお店も増えてきました。

 

それは外食産業でも同じことが言えるようです。

 

そのため、サラリーマンの方でも、糖質制限されている方も、糖尿病をお持ちの方でも比較的、低糖質ランチメニューを見つけやすくなってきているようです。

 

そこでここでは、低糖質を選べるチェーン店やメニューについて紹介していきます。

 

出先での参考になれば幸いです・・・

 

 

 

丼物で糖質制限メニューはあるか?すき屋・吉野屋・松屋

 

吉野家と言えば“牛丼”、牛丼と言えば“吉野家”と言われるほど誰もが一度は行って食べたことがあるほど有名なお店ですが、この吉野家でも糖質制限することは可能です。

 

 

 

 

 

吉野家では、ごはんがセットされていない「牛皿並盛(炭水化物量約6g)」であるとか「新味豚皿並盛(炭水化物量約12g)」、それに加えて「鰻皿(1枚盛、炭水化物量約9g)」までも用意されています。

 

これらのものに漬物(香の物)、生卵や温泉卵、さらにお味噌汁をセッティングすれば、糖質量は抑えたままに、充実度合はアップすることと思います。

 

要するにご飯の糖質量を抑えるんです。

 

味付けは糖質が含まれるでしょうがご飯の糖質量を抜くことを思えば許せる範囲かも・・・

 

糖質制限食は肉はいくらでも食べれます。たんぱく質中心の食事ですから・・・

 

そんな肉料理と言えば、松屋も肉メニューが豊富でおすすめです。

 

松屋では、「豚バラ焼肉定食」もしくは「カルビ焼肉定食」をごはんなしの単品でオーダーして、それにサラダとみそ汁を頼みます。

 

これだけで炭水化物量は、それぞれ約10gと約13gに削減できます。

 

これで今一もの足りなければ、半熟卵や冷や奴豆腐、香の物などを付け加えることで満足感を満たしていけばいいでしょう。

 

 

バーガーショップで糖質制限できるか?

 

バーガーと言えば、バンズです。

 

パン類は糖質量高めの食べ物になりますが、バンズがメインのバーガーショップのメニューで、糖質制限ができるんでしょうか?

 

ところが、バーガーショップもここ数年の糖質制限ブームに配慮しているみたいで、何かと創意工夫をこらしたオリジナリティな商品を開発し販売するようになってきました。

 

 

RitaE / Pixabay

 

 

*フレッシュネスバーガーの「低糖質バンズ」

 

フレッシュネスバーガーでは、糖質量を約50%削減したバンズを誕生させていまして、

 

いずれのハンバーガーもプラス50円で低糖質バンズに変えるということが可能です。

 

50円プラスにはなりますが、

それだけ手が込んで低糖質ですから安いもんだと思いますよ。

 

こちらのメニューにある「テリヤキバーガー」ですが、これが1個当たりの糖質量が約28gです。

 

これを、低糖質バンズに替えると約20gまで糖質量をに下げることができます。

 

1食20gというと、そうです、スーパー糖質制限食という事になりますよね・・・

 

 

 

*モスバーガーの「モスの菜摘(なつみ)」

 

モスバーガーの「モスの菜摘(なつみ)」関連も糖質制限食にとっては悪くはないと思います。

 

バンズの代役としてレタスを具で挟んだメニューとなります。

 

通常の「テリヤキチキンバーガー」の炭水化物量が約32gなのに対し、「モスの菜摘テリヤキチキン」は約8gと、4分の1に抑えられています。

 

 

まとめ

 

以上のようにバーガーショップやファストフードでも、糖質制限食で工夫すれば利用できるようになってきました。

 

ただ気を付けたいのはセットの飲み物です。清涼飲料水は糖質含有量が多く要注意です。

 

コーラやソーダ類といった甘い清涼飲料水は絶対×です。

 

液体は体内吸収が早いので、食べ物より早く血糖値を急上昇させるんですよ。

 

ご注意アレ!・・・ご存知だとは思うんですが、ポテトも×ですよ!

 

引用サイト:Infoseek News
引用文献:江部 康二:高雄病院理事長

 

 

 

 

本日は当サイトにご訪問して頂き、
また、最後までお読みいただきありがとうございました。

サイト管理人 kazuki

 

糖質制限者が実行したい昼食が外食の時の賢い糖質制限法
糖質制限者が実行したい昼食が外食の時の賢い糖質制限法
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

 

糖質制限食を実践している人が困るのが昼食だと言います。

 

家にいる人や自営で商売などされている方などは、自宅では自由に糖質制限メニューを料理できるので、比較的ランチに困らないかもしれませんが、特にサラリーマンの方は外食の機会が多くなると思われます。

 

今は低糖質ブームとは言え、まだまだ外では糖質制限ランチを見つけるのは難しいのが現状です。

 

 

糖質制限者の昼食の摂り方の注意点

 

基本的に、ビジネスマンが食事するお店は、オフィス街にある飲食店という事になるかと思いますが、そのオフィス街にあるレストランや料理屋さんなどの売れ筋メニューであるランチ類には、ご飯やパンがセットされていることが殆どです。

 

あるいは、うどんやそば、パスタといった食べやすく腹持ちの良い麺類などがメインになると思います。

 

このように昼食を外食で済ませる機会の多い人が、糖質制限されている場合はある程度仕方がないことと割り切ることもできると思います。

 

昼食は主食を摂っても、朝食と夕食はきっちりと糖質制限の食事をすればいいんですが、
しかし、これがダイエット目的ならそれでもいいけど、糖尿病患者さんとなるとそうはいかなくなります。

 

糖尿病の方には、3食とも主食を取らないに越したことはないからです。

 

そこで、糖質制限者が実践すると良い昼食の賢い糖質制限法について触れてみます。

 

 

tookapic / Pixabay

 

 

 

糖質制限者の昼食の賢い糖質制限法

 

外食でのお勧めはファミリーレストランでしょう。

 

なぜならファミレスは単品メニューが充実していることがあげられます。

この中から糖質量の少ないものを自分でチョイスできるわけです。

 

なにより、主食を頼まずに済むのがいいですよね。

 

糖質制限を実行しているなら主食を食べずに済ませるのはお手の物ですからね。

 

最近ではファミレスも時代の要求に応えるかのように栄養表示をしているお店も増えてきています。糖質量の確認するには助かりますよね。

 

時代の要求というと、ガストやジョナサンでは糖質制限メニューを取り入れていますし、ロイヤルホストでは低糖質パンを提供しています。

 

さらに、低糖質パスタ麺を提供してるところもあるようです。

大手ファミレスチェーンも、時代が求める健康志向メニューに敏感に対応しているようですね。

 

ただ、ファミレスでの食事で気を付けたいことは、

 

料理の味付けのソース類やドレッシング類など、使われている調味料には糖質が多く含まれているものがかなりあります。

 

たとえば、ハンバーグとかフライなどの揚げ物自体より問題はかかっているソースにあります。なるべく除くか、少なめに抑えることです。

 

和食では、甘い味付けされた料理、中華では、餃子や春巻き、シューマイなどの皮は小麦粉ですから。これらを気を付ければファミレスでも糖質制限食は可能です。

 

 

糖質制限者のランチの狙い目はビュッフェスタイル

 

外食でねらい目は、バイキング(ランチビュッフェ)形式です。

 

これならご飯類の主食を摂らず、それ以外のおかず料理をたくさん摂ることができます。

 

糖質制限している人にとっては好都合でもってこいですね。

ただし値段が少々張りますから、懐に余裕がある時に利用されると良いと思います。

が、人の懐具合まで心配する必要はなかったですね(笑)

 

 

外食では、ファミレスにしても、ランチビュッフェにしても、肉、魚などメインの食材が糖質の少ないものでも、味付けの砂糖や下ごしらえの段階で使う小麦粉など、知らないうちに大量の糖質を摂ってしまうことになります。重々注意することです!

 

スープ類もとろみのついたものがかなりあります。

これはでんぷんですからこちらも避けたほうが良いと思います。

 

 

TapisRouge / Pixabay

 

 

糖質制限でお勧めは何と言ってもお肉です。

糖質制限が喜ばれる点は、お肉を思う存分食べられることです。

 

牛肉も豚肉も鶏肉も、糖質はほぼゼロなので糖質制限の食材には相応しいというわけです。カロリー制限であれば控えていた大きなお肉であっても、思う存分に食することができます。糖質制限では脂質をたっぷり摂って問題ありません。

 

そしてお魚です。肉にしても魚にしてもシンプルな味付けで戴きましょう。

 

甘ったるい味のソースや味付けは血糖値をあげる原因になりますよ!!!

 

調味料などを含む食材の糖質量を知っておくといいですね。

こちらのページをご覧ください。参考になりますよ。。。

 

糖質の少ない食品!知っておきたい糖質量!アルアル

糖質制限中に食べたらNGな糖質の多い食品と糖質量!

 

stevepb / Pixabay

 

糖質制限食と胃もたれの関係
糖質制限食と胃もたれの関係
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

 

糖質制限を勧める医療関係者推奨ウェブサイトがありますのでここで紹介しておきます。

 

低糖人を目指そう!pocorin
糖質制限で脱メタボリック・シンドロームへ、糖尿病は食後の血糖値をコントロール
ポコリン(医療関係者推奨ウェブサイト)は、さまざまな視点から糖質制限の情報をお届けするWEBマガジンです。

 

このサイトに痩せるためのエトセトラのテーマで糖質制限で痩せる理由が事細かに説明されています。

 

糖質制限はカロリ-の多い脂質、たんぱく質を摂ることを推奨しているんですが、糖質を控えるとなぜ痩せるのか?・・・紹介します。

 

 

糖質制限で痩せる理由とは?太る回路がストップします。

 

食事で糖質を摂るとインスリンが追加分泌され血糖値を下げますが、同時にエネルギーとして使われなかった余った糖質を中性脂肪として体内に蓄えます。インスリンが「太るホルモン」とも呼ばれているのはそのためです。

 

一方、糖質を制限すると、インスリンの追加分泌がほとんど起こらず、余分な糖質の中性脂肪合成=太る回路がストップします。

糖質を控え、脂質とたんぱく質を多く摂る食生活になると、体が脂質を利用してケトン体エネルギーつくるようになります。つまり中性脂肪を利用する体になるので痩せていきます。

 

炭水化物主体の食生活から、糖質制限食に切り替えると、体内のエネルギー利用システムも切り替わります⇒ケトン体エネルギー利用体質へ。

引用記事:低糖人を目指そう!pocorinー“痩せるためのエトセトラ”

 

 

糖質制限はエネルギーは持続し活力は長持ちする

 

結果として、糖質制限では実際のところは食べ無くであってもエネルギーは持続し更にその活力は長持ちすることになるんですね。

 

更に激しい空腹感も起きないので、一気食いや満腹に及ぶまで暴飲暴食するというのが起こらなくなります。

 

もっと言うなら、糖質制限では、1食抜いたところで、血糖値を上げる糖質を食べないこともあって 血管に負荷を与える血糖値の乱高下も殆どの場合起こることがなくなります。

 

糖質制限推奨医師の多くが糖質制限を実施しながら、1日2食でパワフルに働いていることを通しても、糖質制限では食生活の回数が少ない場合も、差し支えないライフサイクルを送るというのが可能になるという訳ですね。

 

 

更にこのサイトでは、食生活の改善として、主食であるご飯の糖質量は角砂糖14個分であることにより、主食をやめ、脂質とたんぱく質のおかずメインの夕食へ変更することを推奨しています。

 

解かりやすく納得できるように詳しく述べられていますのでそのまま引用掲載しておきます。どうぞお読みになってください。

 

 

食生活の改善

 

角砂糖14個分のごはんは止め、脂質とたんぱく質のおかずメインの夕食へ

 

茶碗1杯のごはんの糖質は約55g(角砂糖約14個分)!もあります。ごはん、麺類、イモ類など糖質の多い食品を控える分、夕食には脂質とたんぱく質のおかずをたっぷり摂って下さい。

糖質過多の夕食を摂ると血糖値はなかなか下がらず、エネルギーとして使われなかった糖が体脂肪として蓄えられます。さらに、睡眠時の代謝は、活動時より10%程低下するので食事で摂ったエネルギーは使われません。太るだけでなく、毎日このような食生活を続けると糖尿病を発症する確率が非常に高くなります。

 

そしてこの頁のテーマである“胃もたれ”との関係にも触れています。

 

 

ごはんは消化の良いイメージがありますが、2時間位胃に滞留します。ごはんを含む糖質過多の夕食を摂って寝ると、胃から酸が逆流し胃食道逆流症を発症しやすくなります。逆に食化の悪いイメージの肉類は20分位で消化されるので、夕食のおかずには脂質とたんぱく質の多い肉類をお奨めします。胃もたれの原因はごはんと一緒に食べるからです。

 

更に、糖質制限で結果が出ると気のゆるみが起こり糖質を摂ることがあるようで、それに触れ、そんな時には、絶対に空腹のときには糖質を摂らないよう注意勧告されています。

 

その理由として、空腹時に糖質量の多い食べ物を摂ると吸収率が高まり、血糖値が一気に上がる高血糖スパイクが起こるとされ、また、糖質は依存性があるので、また糖質が欲しくなり、そうなると元の木阿弥になる・・・と警告されています!

 

 

このページでは、糖質制限食と胃もたれの関係をテーマにしましたのでそのことに関することのみ紹介しましたが、このサイト「低糖人を目指そう!pocorin」では、その他にも事細かに、糖質制限に関する情報、まさに、“痩せるためのエトセトラ”を教えてくれています。詳しいことはこちらでお読みになってください。

 

低糖人を目指そう!pocorinー“痩せるためのエトセトラ”

 

“痩せるためのエトセトラ”より記事引用抜粋掲載。

 

 

C_Scott / Pixabay

 

糖質制限中の朝食!超簡単なあっという間に解決おススメ方法
糖質制限中の朝食!超簡単なあっという間に解決おススメ方法
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

 

糖質制限食を始めると最初にぶち当たるのが朝食メニュー何にする?ですよね・・・

 

当たり前の事ですが食べ物は炭水化物、糖質NG。そうすると言うまでもなく食パンもNo、おにぎり、ごはんもNG、シリアルも駄目、グラノーラも問題外・・・

 

なんじゃこりゃ、なん食べるん?・・・

 

と面食らってしまうというのが、糖質制限である。

 

始めたばかりの頃はあれこれ創意工夫を加えてみるのですが、

せわしない朝に時間などあるはずがないから、

明けても暮れても凝った物は作れないですよね。

 

でもそんな感じで完璧主義に陥って糖質制限を諦めてしまうようでは元も子もないですよね。

事細かに取り組もうと早る気持ちわかるんですが、何もかも完璧主義になる必要はありません。

 

自分ができる範囲で糖質制限を長く続けることが一番大事なんです。

途中で辞めてしまわないことこそが一番大事です。

 

ちなみに私も糖質制限経験者 でありながら、現在も実行している一人なんです。

 

とはいえ、私は朝食は摂らない派で、偉そうには言えないところもあるんですが、私以外にももちろんのこと、糖質制限を続けて成功させてきた人がゴマンといる訳で、そういった先輩方が工夫してきた朝食に関する事実をまずはヒントとして捉え、参考にすることから始めれるよう紹介していこうと思います。

 

 

 

超簡単なあっという間のおススメ方法その1

 

時間のない朝に活躍するのが・・・低糖質食品を購入することです。

 

糖質制限は今ではメジャーになっています。

ですから、ローソンやセブンなんかでも簡単に手にはいるものです。

 

糖質制限シリーズパンとか、ネットでもふすまパン、ふすま食パンなども販売しています。

それらを忙しい朝に利用するんです。前の日に買っておけばいいことですからね。

 

またコンビニには、特にローソンにはパンだけでなく、低糖質惣菜モノや食品などがかなり増えてきています。わりかし安価で手に入りますから利用しない手はないと思います。

 

一つの例として、糖質制限実践者の中でも割と知られている低糖食品ショップ「糖質オフの食品専門店『低糖工房』においては、

 

ふすまパン、大豆パン、ロールパンをはじめ、ピザ、スイーツ、焼き菓子、チョコレートなど、糖質90%カットの様々な食材が手に入ります。

 

私も低糖工房さんには、大豆パンや、ふすまパン、更には、麺類にホームベーカリー用ふすま粉に低糖質調味料など、市販のものより若干値は張りますが、健康のためと思い利用させていただいています。

 

 

 

朝食に何を食べたらいいのか悩むのなら、これらの食品をお試しすることをお勧めします。

 

 

Tumisu / Pixabay

 

糖質制限でNGな糖質量の多い食材etc
糖質制限でNGな糖質量の多い食材etc
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

 

糖質制限では、基本的に主食とされるご飯・パン・麺類などを控えます。

 

ご飯・パン・麺類などの炭水化物には糖質が非常に多く内包されていることが要因です。

 

同じように、炭水化物だけということじゃなく、

野菜や調味料等でも糖質量が多いものがあるから気をつけて下さい。

 

糖質制限食を利用したダイエットを行っているときは、

できる限り、どの食料品に何gの糖質あるのか?・・・

といったことは調べ上げておいた方が良いでしょう。

 

そこでここではそのお手伝いをさせていただきます。

 

糖質制限でNGな糖質量の多い食材、ならびに、摂っても構わない、糖質量の少ない食品も紹介していきます。参考にどうぞ・・・

 

 

糖質量の多い野菜とは?

 

ざっくりと言えば、葉野菜・きのこ類・海藻類は糖質量があまりなくて、

緑黄色野菜・根菜類・イモ類には糖質量が多いんです。

 

こんにゃく芋といわれるようなレアケースの食材も存在するのですが、原則としてイモ類は糖質量が多くあるということから禁止です

 

糖質量が少ない食品

*葉野菜 *海藻類 *きのこ類

 

adege / Pixabay

 

 

糖質量が多い食品

*緑黄色野菜 *根菜類 *イモ類

 

 

 

 

糖質量が多い野菜はこちら

 

*ジャガイモ *さつまいも *さといも *にんじん *ごぼう *トウモロコシ 

*かぼちゃ *蓮根

 

これらの野菜類を調理する時、砂糖や味醂、ウスターソース、とんかつソース、ケチャップ、ドレッシングなどの調味料で味付けをすると、糖質量が大幅に上がってしまいます。

 

食品の栄養成分表示を見ると、ビックリするほど糖質量が多いものがあります。糖質量50gは、ごはん茶碗1杯とほぼ同じ糖質量なので気をつけましょう。

 

では、各調味料の糖質量を参考までに紹介しておきます。

 

  • 糖質制限でNGな調味料

 

糖質量
砂糖 大さじ1杯あたりの糖質量8.9g
白味噌 大さじ1杯あたりの糖質量5.8g
みりん 大さじ1杯あたりの糖質量7.8g
ハチミツ 大さじ1杯あたりの糖質量16.7g
コンソメ 固形1個あたりの糖質量2.1g
中濃ソース 大さじ1杯あたりの糖質量5.4g
カレールー 1皿あたりの糖質量8.7g
ハヤシルー 1皿あたりの糖質量9.0g

 

 

  • 糖質制限でOKの調味料
糖質量
大さじ1杯あたりの糖質量0.0g
大さじ1杯あたりの糖質量1.1g
味噌 大さじ1杯あたりの糖質量3.1g
しょうゆ 大さじ1杯あたりの糖質量1.8g
マヨネーズ 大さじ1杯あたりの糖質量0.2g
カレー粉 大さじ1杯あたりの糖質量1.6g
おろししょうが 大さじ1杯あたりの糖質量1.3g

 

u11116 / Pixabay

 

糖質量の少ない調味料を使う事です。肉や魚の煮物や照り焼きなどは砂糖は使わず、塩コショウに醤油、酢やショウガ、香辛料などを使って味付けの工夫をするようにした方が糖質制限の成功のポイントになりますよ。

 

 

肉や魚は糖質を気にせず食べてOK!

 

肉類や魚はタンパク質が豊富で糖質がないので、積極的に食べたい食品です。ただし、魚肉ソーセージやちくわ、はんぺん、かまぼこなどの加工食品には、つなぎにデンプンが使われているため、糖質量が多く要注意食品となります。

 

糖質制限食は、できるだけ糖質を摂取しないことが鉄則です。

 

炭水化物・イモ類・緑黄色野菜・根菜類を極力控える食事を心掛けるようにすべきです。

 

また、タンパク質や脂質は体にとって必須なので、太るからとか、コレステロールなどを気にせず食べてOKです。

 

肉・魚・卵・チーズなんかにはタンパク質だけじゃなくに脂質も含まれますが、脂質のカロリーをきにかけて我慢してしまうことになると、タンパク質が欠乏しダイエットにミスってしまうことになります。

 

これまでにテレビなどの報道で、脂質=太ると刷り込まれて来たことからに、どうしたって脂質を気にかかる人が多いと考えられます。

 

躊躇うことなく脂質を気にすることなく摂り入れることだって、糖質制限ダイエット成功を目指すなら重要な要素だと断言できます。

 

AlexKlen / Pixabay

 

 

糖質制限してる人が好んで食べている物イロイロ!
糖質制限してる人が好んで食べている物イロイロ!
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

 

糖質制限をされている人ってどんなものを好んで召し上がっているのでしょうか?

気になりますよね。

 

ちゃんとした指導を受けられているふいとはいいんですが、我流で独学で実行するとなると何を食べたらいいのか迷うことも多いと思うんですよね。

 

そこで、どんな食品が良いか知っていると安心できるし、励みにもなるんじゃないかと思うわけです。多くのご意見聞いてみました。。。

 

 

Divily / Pixabay

 

 

  • 炭水化物抜き

炭水化物(米、パン、麺類、芋、等)、甘いものを控えるだけで大分体重落ちますよ!
お米が食べたいときは玄米にしたり、、、私はそれで1か月で4kgほど落ちましたよ(^_^)
今はリバウンドしちゃったなぁ(笑)

 

 

  • ツナ缶と袋サラダ

真剣に糖質制限に取り組んで痩せた知人はツナ缶と袋サラダでした・・・

 

 

  • 購入店舗は主にコンビニ

実際のところ糖質オフにおいては、セブンイレブンでは飲料水方面で差別化を行ってるのでしょうか~?糖質オフサイダーがプレミアムであるので。
ローソン、ファミマは糖質オフに重点を置きだしてますね。ローソンで販売されているブランパンは、糖質は1個 2.2gしかないけど、私として…正直……修行の味と思わざるを得ませんでした(笑)

 

 

  • ローソンのブランパンシリーズ。

ローソンのブランパンシリーズ。サラダは意外と色々入ってますので、コールスローなどが便利です。肉はなんでも良いですが、サラダチキンが定番ですね。

 

 

ローソン,低糖質,糖質制限ダイエット,ブランパン

 

 

ブランパンはふすま粉が原料です。少し癖がありますから慣れない人には確かに食べにくいでしょうね。でも工夫すれば何とか美味しいものに変えることはできますよ。

 

例えば、少しトーストしてマーガリンとオリーブ油を混ぜ合わせそれをたっぷりと塗って食す・・・

 

マーガリンもオリーブ油も、糖質制限中の人におススメできる食材ですからね。

 

 

  • 鍋物のセットを予約購入

セブンイレブンのセブンミールを利用して、鍋物のセットを予約し購入してます。後、定番ですが、サラダチキンとサラダを買っちゃいますね。
最近ファミマがライザップとコラボして糖質制限スイーツなるものを発売しているようなので、小腹が空いたらそれを試してみようかなと思っています。

 

 

  • サラダ、サラダチキン、ゆで卵。

糖質制限で主に食べるものと言えばサラダ、サラダチキン、ゆで卵でしょうか。
どうしても甘いものを口にしたいときは、邪道ですがバナナ。コンビニの青いバナナは、ガリガリできてなんか良い。それにカリウムが多いのと、脳みその働きに良いので。あとは、ヨーグルト。
コンビニの弁当類は買わなくなりました。ゆっくり食べたらサラダでも満足しますよ。

 

 

RitaE / Pixabay

 

 

糖質制限で、糖質をカットした分タンパク質や脂質で補うとしたら、食事が凄い量になると思いがちですが、メインがおかずになるため、おかずの量としては今までの量とはいかないでしょうね。しかしこの制限食に慣れてくるとそんなこともなくなります。でも、ひもじい思いをしなくて済むんですからね・・・

 

糖質制限を続けて目標体重に達したら普通の食生活に戻した場合、その時体重がリバウンドで極端に増えるようなことはありますか?・・・そんな心配をされる方もいます。が食生活が元に戻れば、やはり、体重も元に戻るんではないかと思われます。ですから3食の内、1食だけは、もしくは2食は炭水化物抜きにするとか、スタンダード又はプチ糖質制限を続けることをお勧めします。

 

先にもちょっと触れましたが、糖質制限をするなら、書籍を入手されたら如何でしょうか。基本や、トラブルシューティングは、書籍にキッチリ書かれています。
参考までに・・・

 

 

『肉・卵・チーズをタップリ食べて1年で50㎏痩せました』
(著/椎名マキ) (監修/渡辺信幸) (講談社) (1000円+税別)

 

『まとめて作って肉食やせ』
(渡辺信幸) (主婦の友社)

 

『MEC食で ボケない 老けない 疲れない』
(渡辺信幸) (主婦の友社)

 

江部 康二医師の本もあります。たくさん出ていますから下記に紹介しておきますので気になる方はどうぞ!