カテゴリー:外食の記事一覧

カテゴリー:外食
糖質オフの広がりに、異論、反論、オブジェクション
糖質オフの広がりに、異論、反論、オブジェクション
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

 

スポンサーリンク

 

最近よく目にする言葉に、「糖質オフ」「糖質カット」「低糖質」がありますよね。

 

テレビでもよく報じられていますし、スーパーでもコンビニでも競って販売され、メーカーは商品開発にしのぎを削っているように感じます。

 

このサイトでも再三再四取り上げてきていますが、それだけ世の風潮が“”に向けられているということになると思います。

 

この流れは食品だけにとどまらず、外食業界にまでその波は押し寄せてきています。

 

という事で、糖質オフの広がりに、異論、反論、オブジェクション・・・いってみましょう!

 

 

外食業界にも「糖質オフ」の動き

 

外食チェーン業界のなかにも「糖質オフ」の動きが顕著になってきているんですが、その前に・・・

 

ローソンが糖質オフで販売している代表的な「ブランパン」ですが、そもそも、小麦粉に比べて糖質が少なく食物繊維などの栄養成分を多く含んだブランを使っているパンですが、2019年秋の時点でシリーズ累計2億3,000万食を超える大ヒット商品になっているんだそうですよ。それだけ糖質を気にしている人が多いという事になるんでしょうね。

 

ちなみに私も購入して食べているんですが・・・“安い!”“味もそこそこ良い!”

特に私のおススメは「ブランの食パン」です。4枚入りで税込み価格、130円です。

安い!!!

 

ローソン,低糖質,糖質制限ダイエット,ブランパン

 

 

というところで、外食業界にも「糖質オフ」の動きに移りますが、

 

外食業界牛丼チェーン大手の吉野家では、2019年の5月よりトレーニングジムのライザップの監修を受け、「ライザップ牛サラダ」の販売を開始しています。

 

もう食べてみたことがある方も多いと思うんですが、糖質量の多い白ごはんの代わりにブロッコリー、キャベツ、豆など、ヘルシーな食材を使い糖質量を下げる工夫をされているんですが、すでに発売わずか2ヵ月強で100万食を売り上げているそうですよ。

 

 

カレーと言えば「ココイチ」でお馴染みカレーハウスCoCo壱番屋でも、刻んだカリフワラーをごはんの代わりにするなどの工夫で、「低糖質カレー」として、カロリー糖質ダウンにつなげたメニューを揃え、ダイエッターの強い味方になっています。

 

 

 

 

ではここで、異論、反論、オブジェクション?はオーバーかもしれませんが・・・こんな記事が、

 

しかし、人間の体で最も重要な器官の1つである脳は糖質をエネルギー源としています。仕事中や、勉強中にふと甘いものが欲しくなるといった経験は誰にでも一度はあるでしょう。これは、脳を使えば使うほど、糖質を必要とするためです。仕事や勉強、あるいは日常生活を送るだけでも、人間は脳を使っています。にもかかわらず、極端に糖質を制限すれば低血糖状態に陥り、ボーっとする、眠くなる、イライラするなど、さまざまな悪影響を及すのは当然のことです。

 

 

Sponsor link

 

 

糖質制限にデメリットはあるのか?

 

一つのことが評価され始めると、決まって起こってくるのが・・・異論、反論、オブジェクションです。否定する人がいれば肯定を繰り返し叫ぶ人も出てくるもんです。

 

このサイトでは糖質制限を肯定しているサイトですが、もちろんデメリットも存在するであろうことは承知しているつもりです。・・・こんな記事が、

 

また、糖質制限をしている人は、「糖質さえ摂らなければいい」と拡大解釈し、ここぞとばかりに肉や魚などのたんぱく質をたくさん食べて満腹感を得ようとしがち。たんぱく質は筋肉や臓器などを構成するのに重要な栄養素ですが、摂取エネルギーが同じ場合、糖質を減らすと脂質の比率が増える傾向にあります。過剰な脂質は恐ろしい動脈硬化などを引き起こす原因になるもの。

 

 

糖質制限のデメリットのなかには、米などの炭水化物を摂らないと便秘の原因にもなるとのことです。

 

便秘は、たかが便秘、されど便秘で、人間に限らず生き物すべてに弊害をもたらす大きな要因になる症状です。

 

糖質制限には弊害もあるとされていることは素直に肝に命じておきましょう。

 

しかし、だからと言って・・・ヤッパリ、糖質の摂りすぎはNGです。

 

糖質は人の活動を維持するために必要な栄養素ではありますが、お米、麺、パン類など好き放題に食べればカロリー過多になります。もちろんケーキやお菓子などの甘いものもです。。。

 

ではどうすればいいんでしょう???

 

 

糖質を上手にコントロールすればいいんです!!!

 

もし糖質制限を行うなら、まずは健康であることが大前提。さらに制限中も、1日の摂取エネルギーの40%(通常は50?65%)程度は炭水化物から摂り、たんぱく質も十分摂るようにします。また、野菜類はエネルギーの割りにかさがあって満腹感を得やすいうえ、ビタミン・ミネラルも摂取できるので、積極的に食べたいもの。冒頭に挙げたような糖質制限メニューも、上手に活用するといいでしょう。結局は「バランスよく、ほどほどに食べる」ことに尽きるのです。

 

 

糖質制限にチャレンジしても多くの人がなかなか継続できないのは、精神的にも肉体的にもたいへんなストレスを伴うからです。まずは1週間程度続け、いったん元の食生活に戻す。その後、体調や体重の減り具合をみながらさらに1週間程度行う……といった具合に期間を区切って行うと、体と心の負担を軽減することができます。糖質とも上手につき合いながら、自分に合った方法を模索していきましょう。(提供:JPRIME)

 

引用記事;JPRIME

 

 

まとめ

 

そもそも糖質制限は、本来は糖尿病患者さんの食事として開発されてきたものなんですが、それが、極端な肥満の治療のためにも利用されるようになったことで、体重をコントロールしやすくなること自体は確かなようですよ。

 

「痩せたい」と願うダイエッターにとっては取り組んでみる価値はあると思いますよ。

ただし、正しいやりかたを知った上でないと逆効果になるのかも・・・しれません。

 

 

Joenomias / Pixabay

 

外食でも賢く糖質制限できる!そんなお店とメニュー紹介
外食でも賢く糖質制限できる!そんなお店とメニュー紹介
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

 

糖質制限を行なうともなると、ちょっぴり苦労することがランチ、お昼ごはんであるという意見を目の当たりにします。

 

何にもまして会社勤めの方は、お休みの日なんかにおウチでランチを摂るときについては問題ありませんが、休みの日以外の仕事の日はどうしても出先でご飯を食べることが発生します。

 

お家では思い通りに糖質制限献立を調理できるというのに比べて、

 

外出先というのは糖質制限ランチを探し出すっていうのは困難を極めると思われます。

 

そこで、外食では本当に糖質制限は難しいのか・・・検証してみました!

 

 

 

世の中は健康志向で低糖質から糖質制限ブームへ

 

ところが最近は低糖質が叫ばれるようになり、

 

健康志向ブームも重なっていろんなお店でも低糖質料理やメニューならびに、低糖質食品などを取り揃えるようになったお店も増えてきました。

 

それは外食産業でも同じことが言えるようです。

 

そのため、サラリーマンの方でも、糖質制限されている方も、糖尿病をお持ちの方でも比較的、低糖質ランチメニューを見つけやすくなってきているようです。

 

そこでここでは、低糖質を選べるチェーン店やメニューについて紹介していきます。

 

出先での参考になれば幸いです・・・

 

 

 

丼物で糖質制限メニューはあるか?すき屋・吉野屋・松屋

 

吉野家と言えば“牛丼”、牛丼と言えば“吉野家”と言われるほど誰もが一度は行って食べたことがあるほど有名なお店ですが、この吉野家でも糖質制限することは可能です。

 

 

 

 

 

吉野家では、ごはんがセットされていない「牛皿並盛(炭水化物量約6g)」であるとか「新味豚皿並盛(炭水化物量約12g)」、それに加えて「鰻皿(1枚盛、炭水化物量約9g)」までも用意されています。

 

これらのものに漬物(香の物)、生卵や温泉卵、さらにお味噌汁をセッティングすれば、糖質量は抑えたままに、充実度合はアップすることと思います。

 

要するにご飯の糖質量を抑えるんです。

 

味付けは糖質が含まれるでしょうがご飯の糖質量を抜くことを思えば許せる範囲かも・・・

 

糖質制限食は肉はいくらでも食べれます。たんぱく質中心の食事ですから・・・

 

そんな肉料理と言えば、松屋も肉メニューが豊富でおすすめです。

 

松屋では、「豚バラ焼肉定食」もしくは「カルビ焼肉定食」をごはんなしの単品でオーダーして、それにサラダとみそ汁を頼みます。

 

これだけで炭水化物量は、それぞれ約10gと約13gに削減できます。

 

これで今一もの足りなければ、半熟卵や冷や奴豆腐、香の物などを付け加えることで満足感を満たしていけばいいでしょう。

 

 

バーガーショップで糖質制限できるか?

 

バーガーと言えば、バンズです。

 

パン類は糖質量高めの食べ物になりますが、バンズがメインのバーガーショップのメニューで、糖質制限ができるんでしょうか?

 

ところが、バーガーショップもここ数年の糖質制限ブームに配慮しているみたいで、何かと創意工夫をこらしたオリジナリティな商品を開発し販売するようになってきました。

 

 

RitaE / Pixabay

 

 

*フレッシュネスバーガーの「低糖質バンズ」

 

フレッシュネスバーガーでは、糖質量を約50%削減したバンズを誕生させていまして、

 

いずれのハンバーガーもプラス50円で低糖質バンズに変えるということが可能です。

 

50円プラスにはなりますが、

それだけ手が込んで低糖質ですから安いもんだと思いますよ。

 

こちらのメニューにある「テリヤキバーガー」ですが、これが1個当たりの糖質量が約28gです。

 

これを、低糖質バンズに替えると約20gまで糖質量をに下げることができます。

 

1食20gというと、そうです、スーパー糖質制限食という事になりますよね・・・

 

 

 

*モスバーガーの「モスの菜摘(なつみ)」

 

モスバーガーの「モスの菜摘(なつみ)」関連も糖質制限食にとっては悪くはないと思います。

 

バンズの代役としてレタスを具で挟んだメニューとなります。

 

通常の「テリヤキチキンバーガー」の炭水化物量が約32gなのに対し、「モスの菜摘テリヤキチキン」は約8gと、4分の1に抑えられています。

 

 

まとめ

 

以上のようにバーガーショップやファストフードでも、糖質制限食で工夫すれば利用できるようになってきました。

 

ただ気を付けたいのはセットの飲み物です。清涼飲料水は糖質含有量が多く要注意です。

 

コーラやソーダ類といった甘い清涼飲料水は絶対×です。

 

液体は体内吸収が早いので、食べ物より早く血糖値を急上昇させるんですよ。

 

ご注意アレ!・・・ご存知だとは思うんですが、ポテトも×ですよ!

 

引用サイト:Infoseek News
引用文献:江部 康二:高雄病院理事長

 

 

 

 

本日は当サイトにご訪問して頂き、
また、最後までお読みいただきありがとうございました。

サイト管理人 kazuki

 

糖質制限者が実行したい昼食が外食の時の賢い糖質制限法
糖質制限者が実行したい昼食が外食の時の賢い糖質制限法
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

 

糖質制限食を実践している人が困るのが昼食だと言います。

 

家にいる人や自営で商売などされている方などは、自宅では自由に糖質制限メニューを料理できるので、比較的ランチに困らないかもしれませんが、特にサラリーマンの方は外食の機会が多くなると思われます。

 

今は低糖質ブームとは言え、まだまだ外では糖質制限ランチを見つけるのは難しいのが現状です。

 

 

糖質制限者の昼食の摂り方の注意点

 

基本的に、ビジネスマンが食事するお店は、オフィス街にある飲食店という事になるかと思いますが、そのオフィス街にあるレストランや料理屋さんなどの売れ筋メニューであるランチ類には、ご飯やパンがセットされていることが殆どです。

 

あるいは、うどんやそば、パスタといった食べやすく腹持ちの良い麺類などがメインになると思います。

 

このように昼食を外食で済ませる機会の多い人が、糖質制限されている場合はある程度仕方がないことと割り切ることもできると思います。

 

昼食は主食を摂っても、朝食と夕食はきっちりと糖質制限の食事をすればいいんですが、
しかし、これがダイエット目的ならそれでもいいけど、糖尿病患者さんとなるとそうはいかなくなります。

 

糖尿病の方には、3食とも主食を取らないに越したことはないからです。

 

そこで、糖質制限者が実践すると良い昼食の賢い糖質制限法について触れてみます。

 

 

tookapic / Pixabay

 

 

 

糖質制限者の昼食の賢い糖質制限法

 

外食でのお勧めはファミリーレストランでしょう。

 

なぜならファミレスは単品メニューが充実していることがあげられます。

この中から糖質量の少ないものを自分でチョイスできるわけです。

 

なにより、主食を頼まずに済むのがいいですよね。

 

糖質制限を実行しているなら主食を食べずに済ませるのはお手の物ですからね。

 

最近ではファミレスも時代の要求に応えるかのように栄養表示をしているお店も増えてきています。糖質量の確認するには助かりますよね。

 

時代の要求というと、ガストやジョナサンでは糖質制限メニューを取り入れていますし、ロイヤルホストでは低糖質パンを提供しています。

 

さらに、低糖質パスタ麺を提供してるところもあるようです。

大手ファミレスチェーンも、時代が求める健康志向メニューに敏感に対応しているようですね。

 

ただ、ファミレスでの食事で気を付けたいことは、

 

料理の味付けのソース類やドレッシング類など、使われている調味料には糖質が多く含まれているものがかなりあります。

 

たとえば、ハンバーグとかフライなどの揚げ物自体より問題はかかっているソースにあります。なるべく除くか、少なめに抑えることです。

 

和食では、甘い味付けされた料理、中華では、餃子や春巻き、シューマイなどの皮は小麦粉ですから。これらを気を付ければファミレスでも糖質制限食は可能です。

 

 

糖質制限者のランチの狙い目はビュッフェスタイル

 

外食でねらい目は、バイキング(ランチビュッフェ)形式です。

 

これならご飯類の主食を摂らず、それ以外のおかず料理をたくさん摂ることができます。

 

糖質制限している人にとっては好都合でもってこいですね。

ただし値段が少々張りますから、懐に余裕がある時に利用されると良いと思います。

が、人の懐具合まで心配する必要はなかったですね(笑)

 

 

外食では、ファミレスにしても、ランチビュッフェにしても、肉、魚などメインの食材が糖質の少ないものでも、味付けの砂糖や下ごしらえの段階で使う小麦粉など、知らないうちに大量の糖質を摂ってしまうことになります。重々注意することです!

 

スープ類もとろみのついたものがかなりあります。

これはでんぷんですからこちらも避けたほうが良いと思います。

 

 

TapisRouge / Pixabay

 

 

糖質制限でお勧めは何と言ってもお肉です。

糖質制限が喜ばれる点は、お肉を思う存分食べられることです。

 

牛肉も豚肉も鶏肉も、糖質はほぼゼロなので糖質制限の食材には相応しいというわけです。カロリー制限であれば控えていた大きなお肉であっても、思う存分に食することができます。糖質制限では脂質をたっぷり摂って問題ありません。

 

そしてお魚です。肉にしても魚にしてもシンプルな味付けで戴きましょう。

 

甘ったるい味のソースや味付けは血糖値をあげる原因になりますよ!!!

 

調味料などを含む食材の糖質量を知っておくといいですね。

こちらのページをご覧ください。参考になりますよ。。。

 

糖質の少ない食品!知っておきたい糖質量!アルアル

糖質制限中に食べたらNGな糖質の多い食品と糖質量!

 

stevepb / Pixabay