この記事は約 2 分で読めます

「CoCo壱番屋」ココイチ「低糖質カレー」その特徴と味は?
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

 

「糖質制限ダイエット」「低糖質ダイエット」今よく耳にするダイエット法です。

 

これらは、糖質を多く含んだ食品を極力控えることで、血糖値の上昇を抑え、如いては、肥満防止効果が狙える今流行りのダイエット法ですが、それに伴い、低糖質をうたう商品も多数登場してき始めているのが現状です。

 

糖質を多く含んだ食品の代表とも言えるのが日本人の主食“ごはん”ですよね。

 

その糖質を多く含んだご飯(お米)の代わりとして注目され始めている食材があります。

ご存知「カリフラワー」です。

 

 

スポンサーリンク

 

 

このカリフラワーは、低糖質かつ低カロリーなうえ、お湯で茹でて細かくすると、見た目はお米とそっくりになり、ご飯の代用フードとして「カリフラワーライス」が評判なんです。

 

 

この低糖質かつ低カロリーなカリフラワーに目を付け、ご飯の代わりにカリフラワーライスを使った「低糖質カレー」を提供しているのが、「CoCo壱番屋」、ココイチの「低糖質カレー」なんです。

 

 

「CoCo壱番屋」

 

 

 

ちなみにこのカリフラワーライスカレーの糖質量は16gで、これはご飯200gのカレーライスの約5分の1の糖質量に収まっているそうなんです。

 

糖質制限でご飯の量をセーブして大好きなカレーを我慢してきた人にとっては嬉しいニュースでしょうね。

 

ココイチ「低糖質カレー」カリフラワーライスの特徴

 

 

見た目は白米とほぼ変わらないようです。が、食べてみると、当然のことながらご飯のモチモチした触感はなく、野菜らしくサクサクしている感じです。

 

歯ごたえはあるものの、カリフラワーライスがご飯の代わりというより、カリフラワーをカレーのトッピングとして食べている感が強いような気がしました。

 

 

 

カリフラワーライス

 

 

 

ココイチ「低糖質カレー」の気になる味は?

 

 

低糖質カレーは600円。もちろんこれにトッピングを追加可能です。

 

味という点ではカリフラワー独特の甘みがあり、ココイチのピリ辛なルーと相性がよく食べやすいですよ。ところで心配なのがご飯でなく野菜ですから、食べた後の腹持ちが良いかどうかです。

 

ですが、食後の予想した空腹感もさほどなく、まずまずよかったと思います。

 

これなら今まで我慢してきたカレーライスを食べれ、糖質制限ダイエットも挫折せずに続けられる人もかなり増えるのではないかと思われました。

 

 

majomka / Pixabay

 

 

今巷で一大ブーム中であるところの低糖質、様々な低糖質メニューが登場してきていますが、ご飯の代わりにカリフラワーを始め、ブロッコリー、豆腐などの代替品が幅を利かすことになるかもしれませんよね。

 

 

そして、やはりどうしても白ご飯を食べたい方には、こんにゃく米があります。

 

50%は糖質カットできますからおススメです。

 

こんにゃく米でカレーを食べる・・・実は私食べています。

 

こんにゃく米なら白米とほぼ変わりなくおいしくいただけちゃうんです。。。

これホントおススメです。

 

 

糖質カット炊飯器