この記事は約 3 分で読めます

麺に低糖質の波 パスタ、チルドなど続々と!
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

 

 

即席麺、チルド麺、パスタ……。麺に低糖質の波が訪れている。

 

背景に潜んでいるのは根強い健康志向が見られるにもかかわらず、技術の向上を通して、おいしさと低糖質を2足のわらじ行なった製品が後から後から販売されてきているというのも見られそうと想定されます。

 

 

 

マルちゃんラーメンでお馴染みの東洋水産は、

 

「マルちゃん 糖質カットラーメン」(旨コク醤油味 2人前/旨コク塩味 2人前、各税別315円)を全国で新発売すると発表しました。今の世の中の流れにあった健康意識の高まりを背景に、急成長を続ける糖質オフ・ゼロ市場に新商品を投入することで、健康系チルド麺市場の活性化を目指しているものと思われます。

 

「糖質カットラーメン」は、「ラーメンを食べたいけれど糖質が気になる方のためのラーメン」コンセプトに開発されていて、糖尿病患者さんや糖して制限ダイエットに励んでいる方にとっては、待ち望んでイタ・・・食べ物であると思います。

 

 

こちらの商品は、すでに既存の「マルちゃんの生ラーメン 3人前(醤油、タンメン)」と比べ、100g当たりの糖質を30%カットされた商品で、

 

たくさんの野菜や肉と合わせることで糖質を抑えながら満足感が味わえながらも、パッケージ表面には糖質のグラム数を分かりやすく表記されているので安心して糖質制限中の方も食することが可能です。

 

 

さらに、9月16日になるとシマダヤが新ブランド「健美麺」シリーズで、家庭専用チルド麺カテゴリー初の機能性表示食品の発売を予定しているそうなんですが、年配者層をメーンユーザーとするチルド麺はそもそも、“健康系”をアピールしやすいジャンルなんですよね。

 

「簡便」「即食」需要の活発化を受け苦戦が続いているチルド麺ジャンルですが、健康価値をアピールすることによって、シニア層をメーンユーザーとしたターゲットを取り込む事ができるか?チルド麺ジャンルからすれば、これまでにはなかった取り組みとなりそうな気配です。

 

 

 

低糖質パスタ「CarbOFF」シリーズで知られるはごろもフーズは、この商品「CarbOFF」をリニューアルしました。

 

「CarbOFF」関連は17年8月に売り出し、糖質50%オフの低糖質パスタとしてマーケットに浸透しております。此度のリニューアルということは、小麦たん白など原材料の配合を一変し、麺の口当たりを見直すことで食べ易いように仕上げると同時に、スパゲティ本来の色に近い状態にするため黄金色を強くしたようです。

 

 

そして、即席麺では、明星食品がカップ麺「低糖質麺 はじめ屋」「ローカーボNOODLES」で低糖質麺の普及・拡大に取り組んでいるが、これに続きエースコックも、、人気外食チェーン壱番屋、リンガーハットと共同開発した低糖質カップ麺「ロカボデリ CoCo壱番屋監修カレーラーメン 糖質オフ」「リンガーハットの長崎ちゃんぽん 糖質オフ」を発売するなど、即席麺でも低糖質の動きが加速しています。

 

低糖質麺はこれまで、糖質に対する意識が高かったり低糖質食品を必要とするユーザーから一定の支持得ていたんですが、さらに、普通においしい低糖質商品が増えていくことで、各麺カテゴリーでのメジャーになっていくのではないでしょうか。

 

 

糖質制限商品と言えば大手コンビニローソンが力を入れていますよね。

 

等質制限商品、糖尿病患者さんや糖質制限されている方にとっては、選ぶアイテムが増えるのは嬉しい限りですよね。

 

ただ願わくば・・・低価格で・・・製法が違うので仕方ないか・・・