この記事は約 3 分で読めます

低糖質ツナパン新発売!敷島製パン、低糖質シリーズ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

 

スポンサーリンク

 

 

敷島製パン株式会社Pasco、名古屋市東区)は、低糖質ツナパン

を発売しました。

 

ただし、今のところは、関東、中部、関西、中国、四国地区の気の発売となっているようですのでご注意くださいね。

 

この会社、敷島製パン株式会社は、糖質制限をされている方や、糖尿病治療に励んだおられる方も、糖質を抑える「ロカボ」を普段の食事に取り入れられるパンを、2017年5月より発売していたんですが、今回の「低糖質ツナパン」は惣菜パン第2弾としての発売という事になります。

 

 

 

ここで少し、この会社、敷島製パン株式会社の紹介をさせていただきます。

 

 

敷島製パン(株)【Pasco】

 

敷島製パン株式会社は、愛知県名古屋市東区白壁5-3に本社を置く製パン会社で、

「Pasco(パスコ)」(Pan Shikishima Company)のブランド名で知られる、日本国内製パン業界第2位のシェアを占めている会社です。

 

 

いつものパンで糖質オフ!

 

【Pasco】が取り扱う低糖質シリーズは、糖質が気になる方のために、

 

『糖質を抑えながらも
普段の食事に取り入れられる
パンを開発しました。』

 

 

 

 

糖質40%オフのロカボ惣菜パン「低糖質ツナパン」

 

 

「低糖質ツナパン」は食物繊維たっぷりのパン生地に、シャキシャキ食感のオニオン入りツナフィリングを絞り焼き上げた一品で、1個当たりの糖質量は15.6gとなっています。

 

このブログでも再三にわたり紹介しているローソンのブランパンと比べると糖質量は高めですが、

 

それでも白パンに比べるとかなり糖質オフされているようです。

 

 

こちらは惣菜パンですが、【Pasco】の商品である「たっぷりツナマヨネーズ」と比較してみても、100g当たり糖質40%オフとなっているとのことなので、低糖質パンであると言うことも納得できるという事ですね。

 

ちなみに、「ロカボ」が提唱する適正糖質が、1食20g~40gを想定した糖質量ですので「ロカボ」パンであることも頷けると思います。

 

また、食物繊維は14.4g含まれていて、これは、食物繊維一日の摂取目標量の3分の1以上の当たるという事です。

 

 

ロカボとは?詳しく教えて・・・

 

 

「ロカボ」の基本は、

 

1日3食の糖質量を20~40gとし、これに間食を加えて1日に摂取する糖質量を合計70~130gに抑え、おいしく・楽しく食べて健康を目指すゆるやかな糖質制限(適正糖質)のことで、「一般社団法人 食・楽・健康協会」が提唱しました。

 

 

「おいしく楽しく適正糖質」それがロカボです。

 

糖質は三大栄養素の「炭水化物」に含まれていて、
血糖値を上げる原因になっています。適正な糖質摂取を心がけることで
血糖上昇を抑えることができます。

 

 

 

「ロカボ」は、無理な糖質カットではなく、美味しく楽しく適正な糖質量を摂ることを提唱しているのです。

 

適正な糖質量こそ先に述べた、1日に摂取する糖質量を合計70~130gに抑えるという事なんです。だから「ロカボ」は、ダイエットにも効果があると言われているんです。

 

「ロカボ」は、おいしく・楽しく食べ、ロカボ生活を楽しく続けていけるように、

「どれを食べてもいい、でも工夫をしなさい」と、提唱しています。

 

 

 

「ロカボ」生活の工夫とは・・・

 

POINT、1、ごはんは半膳。。。

POINT、2、おかずはたっぷり!お肉・お魚はどんどん食べるべし!

POINT、3、甘みは、低糖質甘味料を上手に活用!

 

 

糖質の量だけ気にしていればおなかいっぱい食べてもいい!!
糖質を抑えるだけでいいんです!!!
これ以外のカロリー・脂質・たんぱく質などに制限は必要ないんです!!!
ひもじい思いしなくて済むんです!!!

 

それが「ロカボ」です!!!

 

 

 

 

 

【Pasco】が取り扱う低糖質シリーズは、

 

適正糖質を意識される方や、毎日の食事から摂取される糖質を抑えたい方に自信をもっておススメできる商品です。

 

更に、嬉しいことに2019年12月には、「低糖質あんパン」、「低糖質クリームパン」の発売も予定されているそうですよ。

 

食べる楽しみが増えますよ!待ち遠しいですね!