タグ:パスタの記事一覧

タグ:パスタ
麺に低糖質の波 パスタ、チルドなど続々と!
麺に低糖質の波 パスタ、チルドなど続々と!
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

 

 

即席麺、チルド麺、パスタ……。麺に低糖質の波が訪れている。

 

背景に潜んでいるのは根強い健康志向が見られるにもかかわらず、技術の向上を通して、おいしさと低糖質を2足のわらじ行なった製品が後から後から販売されてきているというのも見られそうと想定されます。

 

 

 

マルちゃんラーメンでお馴染みの東洋水産は、

 

「マルちゃん 糖質カットラーメン」(旨コク醤油味 2人前/旨コク塩味 2人前、各税別315円)を全国で新発売すると発表しました。今の世の中の流れにあった健康意識の高まりを背景に、急成長を続ける糖質オフ・ゼロ市場に新商品を投入することで、健康系チルド麺市場の活性化を目指しているものと思われます。

 

「糖質カットラーメン」は、「ラーメンを食べたいけれど糖質が気になる方のためのラーメン」コンセプトに開発されていて、糖尿病患者さんや糖して制限ダイエットに励んでいる方にとっては、待ち望んでイタ・・・食べ物であると思います。

 

 

こちらの商品は、すでに既存の「マルちゃんの生ラーメン 3人前(醤油、タンメン)」と比べ、100g当たりの糖質を30%カットされた商品で、

 

たくさんの野菜や肉と合わせることで糖質を抑えながら満足感が味わえながらも、パッケージ表面には糖質のグラム数を分かりやすく表記されているので安心して糖質制限中の方も食することが可能です。

 

 

さらに、9月16日になるとシマダヤが新ブランド「健美麺」シリーズで、家庭専用チルド麺カテゴリー初の機能性表示食品の発売を予定しているそうなんですが、年配者層をメーンユーザーとするチルド麺はそもそも、“健康系”をアピールしやすいジャンルなんですよね。

 

「簡便」「即食」需要の活発化を受け苦戦が続いているチルド麺ジャンルですが、健康価値をアピールすることによって、シニア層をメーンユーザーとしたターゲットを取り込む事ができるか?チルド麺ジャンルからすれば、これまでにはなかった取り組みとなりそうな気配です。

 

 

 

低糖質パスタ「CarbOFF」シリーズで知られるはごろもフーズは、この商品「CarbOFF」をリニューアルしました。

 

「CarbOFF」関連は17年8月に売り出し、糖質50%オフの低糖質パスタとしてマーケットに浸透しております。此度のリニューアルということは、小麦たん白など原材料の配合を一変し、麺の口当たりを見直すことで食べ易いように仕上げると同時に、スパゲティ本来の色に近い状態にするため黄金色を強くしたようです。

 

 

そして、即席麺では、明星食品がカップ麺「低糖質麺 はじめ屋」「ローカーボNOODLES」で低糖質麺の普及・拡大に取り組んでいるが、これに続きエースコックも、、人気外食チェーン壱番屋、リンガーハットと共同開発した低糖質カップ麺「ロカボデリ CoCo壱番屋監修カレーラーメン 糖質オフ」「リンガーハットの長崎ちゃんぽん 糖質オフ」を発売するなど、即席麺でも低糖質の動きが加速しています。

 

低糖質麺はこれまで、糖質に対する意識が高かったり低糖質食品を必要とするユーザーから一定の支持得ていたんですが、さらに、普通においしい低糖質商品が増えていくことで、各麺カテゴリーでのメジャーになっていくのではないでしょうか。

 

 

糖質制限商品と言えば大手コンビニローソンが力を入れていますよね。

 

等質制限商品、糖尿病患者さんや糖質制限されている方にとっては、選ぶアイテムが増えるのは嬉しい限りですよね。

 

ただ願わくば・・・低価格で・・・製法が違うので仕方ないか・・・

 

 

 

 

日本製粉糖質50%オフパスタとサラダチキンアレンジレシピ紹介
日本製粉糖質50%オフパスタとサラダチキンアレンジレシピ紹介
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

 

糖質制限中の人にとっては夢のような話にスパゲティが食べれることがあります。

 

それを可能にした商品が最近は開発され市場に登場することが多くなってきました。

 

その先陣を切ったのがこのサイトでも取り上げてきています、はごろもフーズの低糖質ショートパスタ「CarbOFF」なんですが、今回は、粉物の老舗メーカーである日本製粉さんがやってくれました。紹介します。

 

そして、低糖質食品の代表ともいうべきサラダチキン!

 

このサラダチキンを使ったメニューレシピを紹介しているサイトがありましたので、そちらに成り代わって紹介していこうと思います。

 

 

 

オーマイPLUS 糖質50%オフパスタ(日本製粉)

 

 

 

 

糖質50%オフのパスタ 製法を工夫、もちもち食感に・・・日本製粉。

 

日本製粉については、既存のスパゲティと照らし合わせて糖質量を50%カッティングした

「オーマイPLUS 糖質50%オフパスタ」(240g)の販売をおこなう。

 

低糖質需要が激しくなりその流れに合わせ、健康に配慮した家庭用ドライパスタの一つとしてオファーしているという事です。

 

日本製粉の低糖質のスパゲティは、難消化性でん粉を配合することで、

100g当たり糖質量26g、263kcalに抑え、糖質50%オフを実現しました。

 

 

今までの、低糖質スパゲティといえば、ぼそぼそした食感など、おいしさが課題だったが、日本製粉ではロール製法と言われる方法で、麺幅約2㎜の四角い形状のパスタに仕上げています。そのお陰で、もちもちとした弾力感のあるパスタに仕上がったんです。

 

 

この糖質50%オフパスタ開発のコンセプトは、

ゆで時間は短く7分。細麺タイプでどんなソースとも相性も良く、いつもの食事と置き換えることで糖質量をコントロールできるパスタとして提案する・・・という事です。

 

ちなみに、希望小売価格は300円です。

 

内容量は240gなのでボイルすると約2.5倍に膨れるとしたとき、600gが300円になります。100gは50円です。こんなに安くてパスタが食べれるのは嬉しい限りですよね・・・糖質制限しているものにとってはネ。。。

 

 

RitaE / Pixabay

 

 

コンビニのサラダチキンは万能食材

 

コンビニエンスストア大手3社と言えば、ローソン、ファミリーマート、セブンイレブンですが、どちらもオリジナルのサラダチキンでしのぎを削っています。

 

淡泊な味わいでいろいろな料理に展開が可能なプレーンタイプのサラダチキン。調理素材としての使いやすさも抜群です。低糖質、高タンパク質でしっとりとした食感のサラダチキンを万能食材としてフル活用したいですよね。

 

すでに加熱され、そのまま食べられることができるサラダチキンを使うことで、鶏肉を調理するひと手間を省くことができて時短調理になるのもうれしいですね。

 

 

 

 

 

コンビニのサラダチキンアレンジレシピ

 

時間に追われている共働きファミリーの強力な味方、それが、コンビニエンスストアです。

ここ最近会社ごとにチルド惣菜に力を注いでいまして、チルドケースにはバラエティーに富んだメニューがズラリと並んでいます。そんなコンビニ惣菜のパイオニアと言うことも出来るのが「サラダチキン」です。コンビニでも売れ筋商品ですよね。

 

ヘルシーで美味しく、満足感ガッツリってことでダイレクトに食する人が多いに違いありませんが、今回は「サラダチキン」を調理済み食材として使用し、時短なのにおいしさアップのアレンジレシピを3つお勧めいたします。

 

 

鶏肉調理手間を省く奄美鶏飯 さっぱりヘルシー

 

 

 

鹿児島県・奄美大島の郷土料理。鹿児島県では学校給食の定番メニューだそうです。

 

詳しいレシピはこちら

 

 

お弁当にもおすすめ チキンピカタ

 

 

 

ピカタとは、塩コショウなどで下味をつけた具材に小麦粉をまぶし、チーズやハーブなどを混ぜた溶き卵をたっぷりと絡めて焼いたもの。具材がふんわりとした卵でつつまれることでしっとりと仕上がります。

 

詳しいレシピはこちら

 

 

鶏のうまみたっぷり カオマンガイ

 

 

 

東南アジアで人気のチキンライス。カオマンガイ、シンガポールチキンライス、海南鶏飯など呼び名もいろいろ。

 

詳しいレシピはこちら

 

 

引用元記事:コンビニのサラダチキン時短アレンジレシピ3選

https://news.nifty.com/article/item/gourmet/12243-188382/

 

 

 

cuncon / Pixabay