この記事は約 2 分で読めます

糖質摂りすぎ!ぽっこりお腹解消!内臓脂肪カットするウォーキング
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

 

チョット油断したすきに糖質摂りすぎたりしていませんか?

 

効果てきめん・・・ですよ!ポッコリお腹へと一目散!

 

ぽっこりお腹の原因は、ほとんどが内臓脂肪です。

 

年齢を重ねるほど、代謝が悪くなるので内臓に脂肪がたまりやすくなります。

 

しかし、内臓脂肪は比較的落ちやすい脂肪なので、そこまで心配することはありません。

 

内臓脂肪を落とす方法はいくつかありますが、今回は中でも効果的な有酸素運動で内臓脂肪を落とす方法をご紹介します。

 

 

無理のない有酸素運動を取り入れよう!

 

有酸素運動で思いつく運動は何ですか?
ジョギング?水泳?エアロビクス?

 

どれもハードそうな運動なので、想像するだけでも嫌になりますね。

内臓脂肪を落としたいからといって、そんなハードな有酸素運動はしなくてもいいのです。

 

ぽっこりお腹の原因になっている内臓脂肪を減らすのに効果的な有酸素運動は、

ウォーキングです。

 

少し息が上がる程度の強度のウォーキングを20分以上続ければいいだけです。

 

それを毎日続けることが大事なので、ハードな有酸素運動ではない方がいいのですね。

ウォーキングなら、通勤手段を工夫して駅や会社まで歩いたりもできますよね。

また、途中で階段を使うのも効果的です。

 

このように、内臓脂肪を減らすコツは、ウォーキングのようなゆるい有酸素運動を毎日続けることなのです。

 

なぜ、ウォーキングで内臓脂肪を減らせるのか?

 

それは、ウォーキングによって広背筋(背中の筋肉)、大殿筋(お尻の筋肉)、ハムストリングス(太股裏側の筋肉)、内転筋(内腿の筋肉)を効率よく使うことで代謝が上がって脂肪が燃えやすくなるからです。

 

 

lmeedy / Pixabay

 

 

効果的なウォーキングための正しい姿勢

 

せっかくのウォーキングも背中を丸めた姿勢で行なっていたならば、効果は半減します。

 

効果的なウォーキングの正しい姿勢は次の通りです。

 

1. つま先とかかとを床にしっかりとつけた状態で、壁側に背中を向けて立ちます。

 

2. さらに壁の方に体を近づけて、かかと、お尻、肩甲骨、後頭部が壁に着くように立ちます。

 

3. 顎が上がらないように気をつけて頭のてっぺんから足先までが床と垂直になるように体の傾きをチェックしながら正します。

 

4. 手を自然に下ろした時に、壁から手の1.5個分が空いていれば大丈夫です。

 

 

 

効果的なウォーキングのための歩き方

 

正しい姿勢を体で覚えてきたら、そのままの姿勢をイメージしながら、ウォーキングをします。

 

次のように正しく歩きましょう。

 

1. 正しい姿勢を作ってから視線はまっすぐ前に向けて、足を前に踏み出したらかかとから地面に着地します。

 

2. 後ろ側にある足のつま先を使って地面を蹴り、前に進みます。

この時に、太ももの筋肉を使っているような感覚がすればOKです。

 

3. 歩くときは、なるべく腕を大きく振り、特に後ろに引く時に勢いをつけましょう。

 

ijmaki / Pixabay